blog 2022

2021/1/19

 

先日は某所で会議。レコード会社の方(Oさん)との打ち合わせでした。

 

Oさんとの打ち合わせは、話題がいつも様々な点に飛んでゆきます。メインは音楽と社会の関係だったのですが、ストレス発散の方法などの話を経て、途中からは「歌い手さん」と呼ばれている方々のマネジメントと業界での位置付けへと展開。所謂「メジャーデビュー」という考え方が融解した現在、演者のニーズを業界や社会がどのようにとらえてゆくのか、議論となりました。

 

社会のニーズや変化をどのように捉え、その中で自身はどこにプライオリティーを置くのか(取捨選択するのか)。ベトナムコーヒーを飲みながら、色々と考えさせられました。Oさん、次回の打ち合わせを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

2022/1/17

 

過日は、中日新聞の取材。2月に行われる岐阜市長選挙に関する取材です。今回のテーマは以下。

 

「国政選挙に比べて注目度が低いのはなぜか」

 

「身近か否か」というロジックをどのように解体し、それを市民性や主権者意識と結びつけるか。とても刺激的な議論が展開されました。掲載される記事を楽しみにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2022/1/16

 

時間が経ってしまいましたが、過日は連合大学院博士課程の研究発表会。中山智貴氏が発表をしました。発表タイトルは以下。

 

文化的参加を基軸とした市民性教育プログラムに関する研究-変容する社会参加意識と社会科教育への径路多様性-

 

様々な分野の方が参加をする会でしたので、博士論文全体の構想とともに発表してくれました。上越教育大学の先生、現職の先生からも建設的な指摘・質問があり、良い発表となりました。中山さん、ご苦労様でした。

 

 

 

 

 

 

2022/1/11

 

以下にコメントが掲載されました。

 

「県都はいま 低迷する投票率(下)市民の関心 どう引く」(中日新聞1月11日朝刊)

 

引き続き、考えてまいりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/1/8

 

集中講義で京都の花園大学に来ております。担当は教育方法論。例年、夏と冬に行なっておりますが、今回の対象は保育・幼稚園系です。

 

本講義は例年、1回生から8回生(最近は5回生位)まで履修しています。難しさもありますが、逆にそれが面白くもあります。色々と趣向を凝らしつつ、進めます。新種の株に負けぬよう、努めたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2022/1/3

 

私たちの職種は、メール仕事も多く勤務時間が不規則です。また、海外と仕事をしていると昼夜の逆転や、その地域の方のスケジュールで仕事が進むため、「仕事納め・始め」という感覚があまりありません。(例えば、英国の場合、クリスマス休暇を長く取得する一方、新年はほとんど休みません)

 

ただ、日本の年末年始という時間が纏う特別な空気は、非日常的な時間へ誘ってくれます。新たな一年に挑むべく、この時期限定の空気感を味わいつつ、公園を散歩いたしました。

 

 

 

 

 

 

2022/1/1

 

明けましておめでとうございます。

 

本ブログも9年目となりました。昨年も多くの方々からご支援を頂き、様々な活動をさせて頂くことが出来ました。改めてお礼申し上げます。

 

海外との仕事を含め、まだまだ十分に動くことが叶わない状況ではあります。しかしながら、仲間や友人、関係の方々と手を取り合い、日常を楽しむことが出来るよう努めたいと思います。

 

本年も、何卒ご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。